ムシバイは薬局で取り扱いなし!ムシバイの一番安い購入方法を調べてみた

【ムシバイの販売店】薬局で買える?どこで買えるのか調べてみた

最近ではネット上の口コミで話題になる商品が多いですよね。

そうした場合は市販で買えるものもあれば、ネット上のみでしか販売していなことも多くあります。

市販をしている商品であっても店頭では売り切れになることも多いですし、手に入れやすさはどっちもどっちと言えるかもしれません。

ムシバイも話題の商品の一つですが薬局などで買えるのでしょうか。

ムシバイは薬局で買えるのか、どこで買えるのかを見ていきましょう。

ムシバイは薬局で買える?どこで買えるの?

薬局では歯ブラシや歯磨き粉を中心とした口腔ケアアイテムが多く並んでいますよね。

スーパーやバラティショップなどでも歯ブラシや歯磨き粉などは売られていますが、口腔ケアアイテムを買うならまずは薬局に行くという方が多いのではないでしょうか。

薬局に行けば置いてある?

ムシバイは子供の虫歯や歯周病菌ケアに効果があると言われ、チュアブルタイプで舐めてケアできることで話題となっているアイテムです。

歯磨きを嫌がる子供は多いですが、小さいうちからしっかりと口腔ケアをしないとどんどんリスクが高まってしまい、頻繁に歯医者に通わなければならなくなってしまいます。

そのリスクを減らすためにも子供のうちからムシバイで口腔ケアをしてあげたいと考える親御さんが多いのもうなずけますよね。

そんなムシバイが薬局で買えれば手軽で助かりますが、薬局での販売はしているのでしょうか。

薬局で販売しているのかどうか調査してみたところ、現時点では薬局での販売は行っていないことがわかりました。

ムシバイは市販をしていない商品なので薬局などの店頭では買えず、通販で購入する必要があります。

どこで買えばいい?

ムシバイは市販をしていないため薬局のみならず、スーパーやバラエティショップなどで買うこともできないということになります。

そんなムシバイはどこの通販サイトでも購入できるというわけでもありません。

大手ショッピングサイトの楽天やAmazon内で検索をしてみたところ、現在は取り扱いがありませんでした。

楽天やAmazonだと定価よりも安く販売している商品も多いためムシバイの取り扱いがあれば、少し安く買えるかも?と期待してしまっただけに残念…と思う方もいるかもしれません。

しかし安く買える方法はちゃんとあるのです。

オークションサイトやフリマサイトなどでムシバイが取り扱われていることがありますが、ムシバイは口の中にいれるもの、食べるものなので第三者の手に渡った商品ではなく新品を買うのが安心と言えるでしょう。

未開封と書いてあってもそれが本当なのかはわかりませんし、賞味期限なども気になりますよね。

虫歯のリスクが減っても購入場所に不安があると買いたいとは思えなくなってしまいますよね。

安全に買うためにもムシバイを買う際は公式サイトにアクセスするのが一番と言えます。

ムシバイの公式サイトで購入するのが一番安心できて安く買える方法が記載されているので、気になっている方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

ムシバイを買って親子でケア!

ムシバイは薬局などで購入することはできませんが、通販でしか買えないとなるとその分期待値もあがりますよね。

もとは子供用とされていますが大人が食べても問題はありません。

ラムネのように口の中にいれて舐めるだけなので時間がなくてもケアできるのが嬉しいですよね。

子供用として買うとなると高いかも!?と思う方もいるかもしれませんが、子供と一緒に食べられるし口腔ケアもできると考えれば断然安く感じるのではないでしょうか。

また親がムシバイを食べている姿を見れば、子供も真似して嫌がらずに食べてくれるというメリットもあるでしょう。

大人の真似をしたがる子供の習性を活かして親子でケアをしてみるのも良いのではないでしょうか。

子供じゃなくてもOK?ムシバイは大人にも効果がある?

子供向けに作られた商品や、子供が使用できない商品など年齢で分けられている商品というのは多いですよね。

ムシバイは子供が使用するのがメインとなりますが、大人が使用しても良いのでしょうか。

大人がムシバイを使用して効果を得られるのかどうか気になりますよね。

大人が子供と同じようにムシバイの効果を得られるのなら、子供と一緒に使用することを日課にすることもできると思いますが、その辺りはどうなのでしょうか。

ムシバイは大人も使用できる?効果はどう?

薬やサプリなどは年齢制限が設けられていることが多いですよね。

15歳以上は1日〇錠、15歳未満は1日〇錠などと記載されていることが多く、小さい子供の服用は控えるようにと記載されているものなどもあります。

しかし子供向けの商品の場合は、大人が飲んだり食べたりしてはいけませんという注意書きがあるものは非常に稀なのではないでしょうか。

ムシバイにはそうした大人への注意書きはなく、大人が使用しても問題はないとされています。

小さな子供が口にできるものであれば大人が口にしても問題ないということは想像ができますよね。

実際にムシバイを子供と一緒に口にしているという口コミもあり、大人でも美味しく食べられると評判のようですよ。

またムシバイを大人が口にしても子供と同じように効果を実感することはできるようです。

ムシバイは虫歯予防や歯周病菌のケアができる成分が配合されていますが、この成分は大人の口腔内にも作用します。

しかし大人の口腔内と小さな子供の口腔内では状態が違うので、子供ほど効果は実感できない可能性もありますね。

そのためムシバイに頼りきりにならずに、歯磨きやデンタルフロスなどを使うなど毎日の口腔ケアはきちんと行ったうえでムシバイを使用するようにしましょう。

またムシバイはタブレットタイプなのでどうしてもポリポリと噛み砕いて食べてしまいたくなるのですが、本来は口の中でゆっくりと溶かしていくのが理想的。

子供としてもムシバイを口にするとポリポリと噛み砕きたくなることがあると思いますが、そうした点を正すためにも大人が一緒にムシバイを口にして食べ方の見本を見せるのも良いでしょう。

もちろん大人だけではなく、学生が口にする分にも問題はありません。

虫歯菌、歯周病菌が気になる方はもちろんですが、口臭が気になるという方もムシバイの使用で改善することができるため、使用してみることをおすすめします。

大人がムシバイを使うメリットは?

実際に子供と一緒にムシバイを使っているという口コミもいくつか見受けられました。

口コミの中には「大人が食べても甘すぎず美味しい」という声があります。

大人がムシバイを口にしているのを見れば真似してムシバイを口にするようになる子も増えますよね。

大人がムシバイを使うことによって子供が進んでムシバイを口にするようになる→口腔ケアを積極的に行える→虫歯にならなくなる、という流れが出来上がっているようです。

子供が歯磨き嫌いで苦労している、歯磨きタイムが両者にとってストレスという声もあり、歯磨きの後にご褒美としてムシバイをあげることで子供が歯磨きを嫌がらなくなり悩みが解決したという声もあります。

◎子供の寝起きの口臭が気になって寝る前にムシバイを使ってみたところ、しばらくしてから口臭が気にならなくなってきた

 

◎ムシバイを使うようになってから子供がスムーズに歯磨きをするようになって虫歯にならなくなった

こうした口コミもあるため、ムシバイを使って口腔ケアができるだけではなく、大人も子供もストレスを軽減させられるというメリットもあります。

歯磨きに対する嫌な感情をなくし、口腔環境を整えられて虫歯予防になるムシバイは大人と子供どちらが使っても効果があるというのは嬉しい限りですね。

どんな成分が含まれるの?安心して使える?

産地や成分を気にして商品を買うようにしているという方は多いですよね。

どんな成分が使われているのかがパッケージに表記されていますが、なかには記載されていないので不安になることも。

スーパーで販売されている野菜などは産地だけでなく生産者の名前までも記載されていることがありますが、それは食の安全性を求める声が多いからなのかもしれません。

ムシバイは主に子供が食べるものなので成分を知っておきたいですよね。

ムシバイはどんな成分でできているの?

ムシバイは子供の虫歯や歯周病菌ケアに適した口腔ケアアイテムです。

チュアブルタイプなので舐めながら口腔内のケアをすることができると評判で、味も美味しいため歯磨きが嫌いな子供でも使いやすいというメリットがあります。

そんなムシバイを使い始めてから“虫歯ができにくくなった”という声もありますが、どんな成分が作用しているのか気になりますよね?

子供が使用するものだからこそ知っておきたい成分事情を見ていきましょう。

ムシバイには、

●ヒト由来クリスパタス菌KT-11
●特許成分PS-B1
●キシリトール

がメイン成分として配合されています。

クリスパタス菌はヒト由来の乳酸菌で、女性の産道に多く存在しています。

細胞を増やしたり炎症を抑える作用があるため、虫歯菌の働きを抑えて口腔トラブルのケア効果に期待がもてる成分なのです。

特許成分であるPS-B1もクリスパタス菌と同様の働きをし、口の中の善玉菌の働きを助けて口腔環境を整える作用があります。

キシリトールは口腔ケアアイテムに使用されていることが多いため知っている方が多いでしょう。

キシリトールは虫歯菌の原因となる酸を作らない成分なので、口腔ケアアイテムに使用されることが多いんですね。

またムシバイには添加物が配合されていないため子供に与えるものだからこそ安心して使用することができそうですね。

またヨーグルト風味ですが、乳製品は配合されていないので乳アレルギーがある子供でも安心して食べることができます。

ただし大豆由来の成分が原材料として使用されているので、大豆アレルギーがある方は注意が必要となります。

虫歯菌や歯周病菌の働きを抑えるとなると、殺菌剤などが配合されているのでは?と心配に感じる方もいるかもしれませんが、ムシバイにはそうした成分は配合されていないので安心して使用できそうですね。

ムシバイを使う上での注意点は?

ムシバイは子供がメインとなって使用するものなので、周りにいる大人が使用状況を管理する必要があります。

そこでムシバイを使用する上での注意点があるのかどうかも知っておきましょう。

ムシバイは副作用を心配するような商品ではありませんが、上記で見てきたようにアレルギーがある方は注意が必要です。

またキシリトールによってお腹が緩くなってしまうという方も注意が必要と言えるでしょう。

万が一、下痢や湿疹などが起きた場合は副作用の可能性があるため医療機関を受診するようにしましょう。

ムシバイは1日1粒が使用目安量となっています。

ヨーグルト風味なのでついついたくさん食べたくなってしまう子供もいるでしょう。

しかし容量を守らないと副作用と見られる反応が起こりやすくなることもありますし、体質によっては合わない場合もあるため決められた量を必ず守るようにしましょう。

ムシバイは夕食後の歯磨きの後に使用するのが最も望ましく、歯磨きがちゃんとできたご褒美としてあげているという方も多いようです。

毎日のご褒美として決められた時間帯にあげるようにすれば、たくさん食べてしまうことも避けられますよね。

保管場所も子供が手に取りやすいところではない場所で保管するなどの工夫をして、安心して飲める環境を作っていくと良いですね。

副作用は?ムシバイの安全性が気になる…

薬で副作用が起きるということはありますが、食品で副作用が起きることはないでしょう。

ただし、体質によって合わない成分がある場合は副作用と見られる反応が起きてしまうこともありますよね。

ムシバイは薬やサプリではなく虫歯菌に作用する商品ですが、子供が使用するため副作用があるのかどうか気になりますよね。

ムシバイに副作用はあるのか、安全性は高いのかを調査してみました。

ムシバイに副作用はあるの?どんな反応?

大人が食べたり飲んだりするものは自ら選ぶことができると思いますが、子供が飲んだり食べたりするものは大人が選ぶ必要がありますよね。

ムシバイは歯磨きが嫌いな子供や、虫歯になりやすい子供やその親の味方となってくれる商品であり、実際にムシバイを使い出してから虫歯にならなくなったという声がある期待の商品です。

ムシバイは子供の口腔内の環境をサポートすることができるサプリであり、ラムネ感覚で食べることができます。

歯磨きの後にムシバイを口にするのがおすすめであり、就寝前の歯磨きの後が最も効果的なタイミングとも言われています。

というのも寝ている間は口の中が乾燥して虫歯菌などの菌が繁殖しやすい環境となってしまうため、それを防ぐためにも就寝前にムシバイを口にしておくことが最も効果的となるのです。

そんなムシバイですが副作用の心配はあるのでしょうか。

副作用は?

調べてみたところ重篤な副作用が起きたということはないようですし、ムシバイによって湿疹が出た、下痢になったということもないようです。

ただしムシバイには大豆由来の成分が配合されているため、大豆アレルギーがある方の服用には注意が必要となります。

またキシリトールが含まれているため体質によってはお腹がゆるくなる可能性もあります。

一時的な反応と考えられますが症状が強い場合は医療機関にかかるなどが必要となります。

その辺りの判断は親がしっかりと子供の様子を見ながらムシバイをあたえることが必須となりますし、ムシバイが大きすぎて舐められない子供や、口に入ったまま遊んだり寝たりして詰まることがないように注意する必要があります。

安全性は?

副作用が起きる可能性がある成分が特別配合されているということはありませんし、虫歯や歯周病対策ができるからといって殺菌剤などが使用されているわけでもありません。

殺菌剤の他にも合成着色料や合成保存料などの添加物は一切配合されていません。

またムシバイは厳しい基準をクリアした国内工場で製造されているという点でも安全性が高いと判断できるのではないでしょうか。

子供が口にするものだからこそ、自分が食べる物よりも慎重になってしまうというお父さんお母さんは多いはず。

子供だけでなく大人が食べても良いので、心配な方は自分が初めに食べてみる、またはいつも一緒に食べてみるなどしても良いかもしれませんね。

大人が食べている姿を見れば子供も安心して食べるという部分もあるでしょう。

副作用も特別なく、高品質で安全性の高いムシバイを使って家族全員口腔ケアをするというのもアリなのではないでしょうか。

ムシバイは何歳から使用できるの?

ムシバイは大人でも使用できると上記で話しましたが、何歳から使用することができるのでしょうか。

ムシバイは虫歯菌に作用するものなので、極端な話は歯がはえてきてからが対象となります。

小さな子供でも平気なの?と思うかもしれませんが歯磨きが嫌いな子供、歯磨きが自分でうまくできない年齢層が最も対象となるため、離乳食を離れた年齢頃おおよそ1歳半頃から使用することができます。

ただし!自分で噛み砕けない、喉に詰まらせる可能性がある子供の使用はやめておきましょう。

ぽりぽり噛み砕いて使用するというよりは、ゆっくりと舐めて溶かすという使用方法なので自分の口でしっかりと溶かすことができるか、ムシバイを使っても平気かどうかは大人が判断してあげてくださいね。

ムシバイの良い口コミ・悪い口コミを集めました!

どんな商品を買うにもまずは口コミをチェックしてから!という方は少なくないでしょう。

最近ではコスメや電化製品だけではなく食品に関しても口コミをしている方が多く、口コミで話題となった商品が店頭から姿を消すほど人気になるという現象がたびたび起きていますよね。

ムシバイもネット上に多くの口コミがある商品ですが、どんな口コミがされているのか気になりますよね。

良い口コミも悪い口コミもあるのかを見ていきましょう。

ムシバイの良い口コミ・悪い口コミ

口コミを見る時に良い口コミを参考にする方もいれば、悪い口コミの方を参考にするという方もいますよね。

良い部分だけ知りたいのか、それとも悪い部分も知っておきたいのかによってどの部分を重要視するか人によって変わってくる部分がありますよね。

ムシバイを使用して良いと感じる方もいれば悪かったと感じる方もいるでしょう。

そこでここではムシバイの良い口コミと悪い口コミの両方を見ていきましょう。

ムシバイの良い口コミ

良い口コミはムシバイの味に対するものなのか、使いやすさや効果に対するものなのかどんなものがあるのか気になりますよね。

ムシバイを使うとどんなメリットがあるのかということをムシバイの良い口コミから見ていきましょう。

◎虫歯になりやすかった子供が飲むようになってから、虫歯にならなくなった

◎口臭が気にならなくなった

◎子供が歯磨きをすることを嫌がらなくなってきた

◎ヨーグルト風味が食べやすいみたいで毎日歯磨きの後に舐めている

◎歯磨きの後のおやつはムシバイにしている

◎歯磨きが嫌いだった子供がスムーズに歯磨きをさせてくれるようになった

良い口コミを見てみると味に対するものもありますが、歯磨きが嫌いな子供がムシバイを舐めるようになってから嫌がらなくなったという部分が大きいと感じます。

歯磨きのご褒美としてムシバイをあげるという親も多いようで、ご褒美が美味しいから歯磨きを頑張るという子供のやる気に繋がっていることもわかりますね。

子供はご褒美があると頑張れることが多いですが、ご褒美が虫歯になりにくいムシバイであれば親としても嬉しい限りですよね。

また実際に虫歯になりにくくなったという効果を実感できている声もあるため、美味しいだけではなくきちんと効果を実感できる商品だということもわかりますね。

ムシバイの悪い口コミ

では次にムシバイの悪い口コミはあるのかをチェックしていきましょう。

ムシバイの悪い口コミは驚くことに見受けられませんでした。

ムシバイは子供がメインとなって口にするものなので、目を離したすきに大量に食べてしまい喉に詰まってしまったり、お腹がゆるくなるという可能性はあります。

可能性はあるのですが、その点は親がしっかりと子供の様子を見ながら与えるようにすれば防げることでもあります。

またムシバイの原料に大豆が含まれているため、大豆のアレルギーがある方は注意が必要となります。

薬を飲んでいる子供の場合、薬と併用しても良いのかなどはかかりつけの医師に相談をするのが安心でしょう。

こうした注意点を防げている方が多いことがムシバイの悪い口コミがないということに繋がっているのかもしれませんね。

1日の目安量を守ろう!

ムシバイは味が美味しいということが良い口コミにも記載されていますが、ヨーグルト風味で大人が食べても美味しいと言われる味付けになっています。

美味しいとつい何個も食べたくなってしまう気持ちもわかりますが、ムシバイは1日1粒が目安量となっているので食べ過ぎることのないように注意しましょう。

夜ご飯後に歯磨きをし、寝る前にムシバイを使うのが最も良いとされています。

舐めるタイプなので固形物が口の中に残ったまま寝てしまうと危険なので、しっかりと舐め終わっているかどうかを大人が確認するのも大事となります。

安全に効果的にムシバイを使うためにも、まずは大人が注意事項を把握しておくことが最も大事となることをおさえておきましょう。