「歯磨きをするように何度もいってもなかなかやってくれない・・・」「無理にしようとするとギャン泣きされて疲れた」と子供に歯磨きをする時に毎回ギャン泣きされてしまうと、ママもどんどんストレスが溜まってしまいますよね。

だからといって歯磨きをしないと子供に虫歯ができてしまうし、でも毎日無理に押さえつけて歯磨きするのももう嫌!

そんなママさんに知ってほしい歯磨きでギャン泣きする原因と対策を調べてみました。

なんで泣くの?子供が歯磨きを嫌がる原因

毎日やっていることなのに、なんで毎回泣くの!?と歯磨きをする度にギャン泣きされてしまうと怒ってしまいたくなりますが、泣いて嫌がるのには必ず原因があります。

始めのうちは嫌がらずに歯磨きをしていたのに、急に歯磨きが嫌いになったりしたことはありませんか?

子供が歯磨きをしている時に何かに嫌だと感じ、歯磨きは嫌なことだという意識がついてしまうことが大きな原因です。

それではどのようなことが原因で子供は歯磨きが嫌いになってしまうのでしょうか?

・口の中に歯ブラシが入っているのが気持ち悪い

まだあまり固いものを食べ慣れていない子供にとって、固い歯ブラシが口の中に入るだけでも気持ちが悪いと感じてしまいます。

また、毛先が固いタイプのものでゴシゴシと磨かれると痛いと感じることもあり、歯磨きは痛いからしたくない!とギャン泣きするようになってしまうのです。

・口を長く開けているのが辛い

歯磨きをしている時はある程度の時間口を開けていないといけないので、子供は辛いと感じてしまいます。

大人であればつばが溜まっても自分のタイミングで吐き出すことができますが、子供だとうまくタイミングをつかめなくて苦しくなってしまうことも。

・怒られる・押さえつけられた恐怖感

きちんと歯磨きをしないといけないという気持ちが先行しすぎて、怒った顔で無理やり歯磨きをしていませんか?

最初だと特に子供は歯磨きをすることに慣れなくてギャン泣きしたり、暴れてしまうこともあって何とか歯磨きをしないといけないとつい怒ってしまったり、押さえつけて無理に歯磨きをしてしまうこともあると思います。

こうなってしまうと子供は歯磨きをしているときのママは怖いといった記憶ができてしまうことから、優しく歯磨きをしようとしてもその記憶が蘇ってしまい、ギャン泣きして嫌がるようになってしまうのですね。

それでは一体どうすれば、ギャン泣きせずに子供へ歯磨きをすることができるのでしょうか?

子供が喜ぶ!歯磨きのギャン泣き対策方法

・歯ブラシ選び

まず子供が気に入るデザインの歯ブラシを選ぶようにしましょう。

自分で選んだ歯ブラシだと、子供も自然に使いたくなりますよね。

また、柔らかいブラシのものを選ぶことで、異物感を和らげることができるだけでなく、歯茎などを傷つけにくくさせることができます。

・歯磨き動画・アプリ

今では動画やアプリで楽しく歯磨きを教えてくれるものも多く、楽しく歯磨きの重要性を子供に伝えることができます。

イラストや動画だと優しいイメージになることから、子供も受け入れやすくなるのもポイントですね。

動画やアプリを楽しんだ後は「◯◯も一緒にやってみよっか!」と声がけすれば自分から歯磨きをしてくれるようになることも。

ママサイトで見てもこの方法を活用しているママも多く、現代ならではの歯磨き克服法といえますね。

毎日歯磨きをする度にギャン泣きされるとさすがにママも疲れてきてしまいますよね。

子供が歯磨きを嫌がるのには必ず理由があるので、何が嫌で歯磨きを嫌がっているか原因を突き止め、子供に合った方法で歯磨きを楽しめるように対策してみましょう。