健康的な口腔環境を保つために最も大事なことは歯磨きです!

きちんと歯磨きをすることで、虫歯の原因菌や汚れを落とし、虫歯や口臭ケアなどを行うことができるのですが、子供だと歯磨きをする前に寝てしまうこともありますよね。

せっかく寝たところを起こすのはかわいそうだけれど、虫歯になってしまわないか心配になってしまいますが、子供が歯磨きをする前に寝てしまったら無理にでも起こすべきなのでしょうか?

無理に起こさなくても問題なし

歯磨きをする前に寝てしまったら虫歯ができてしまうのではないかと心配になりますが、1日歯磨きしないだけですぐに虫歯になってしまうわけではないので、あまり神経質になる必要はありません。

あまりも頻繁に歯磨きができていないのであれば別ですが、基本的に毎日しっかりと歯磨きができていれば、すぐに虫歯ができてしまうことはないので安心しましょう。

もし夜寝る前の歯磨きをする前に寝てしまったら、朝起きてすぐに歯磨きをすれば大丈夫なので大丈夫です。

頻繁に歯磨きをする前に寝てしまうなら

子供は寝るタイミングが大人と違ってばらつきやすいこともあり、1日くらいならまだしも頻繁に寝てしまったらやはり虫歯になる可能性は高くなってしまいます。

いつも歯磨きを行うタイミングに寝てしまうことが多いのであれば、夕食を食べた後すぐに歯磨きをするなどして時間を早めてあげるのもいいでしょう。

寝ている時に無理に歯磨きをするのは危険?

1日くらい歯磨きをしなくても問題はないのは分かっていても、少しでも虫歯のリスクを軽減させたいのが親心です。

それなら子供が寝ている間にささっと歯磨きをしてしまえばいいのでは?と思われるかもしれませんが、子供が寝ている時の歯磨きはとても危険なことなのです。

寝ている時に水が喉に入ると器官のほうへ誤嚥する危険性が高まり、雑菌が多く含まれている唾液もそのまま飲んでしまうことから誤嚥性肺炎を引き起こす原因にも…

歯磨き粉をつけなければ問題ないといった意見もありますが、子供の体に負担をかけないためにも無理に寝ている間に歯磨きするのではなく、起きてから行うようにしてくださいね。

歯磨きを嫌がらなくなる3つのアイデア

歯磨きが嫌いな子供はたくさんいて、嫌がっているうちに寝てしまった…なんて経験はママなら一度はありますよね。

子供が積極的に歯磨きをするようになれば、歯磨きをする前に寝てしまうことも防げるようになりますが、一体どうすればいいのでしょうか?

1つは歯磨きの絵本や歌を見せてあげることです。

子供向けの番組では歯磨きの歌を紹介することも多いですし、歌を一緒に歌ったり、歯磨きの絵本を見ながら「一緒に歯磨きしてみよう!」と呼びかけることでも子供も積極的に歯磨きをするようになります。

2つ目は自分の歯磨きを自分で選ばせることです。

子供が使う歯ブラシなので、大人が選んでしまいそうになりますが、自分で歯ブラシを選ばせることで自分のモノという意識を高めることができ、歯磨きを自ら行いやすくなるでしょう。

3つ目は親も一緒に歯磨きをすることです。

子供だけにさせるのではなく、親も一緒に歯磨きを行うことで子供も自然に歯磨きがやりたくなります。

子供は親がやっていることを真似したくなるものなので、親も一緒に楽しみながら歯磨きをすることで「歯磨きは楽しいもの」だということを覚えるようになります。

子供が歯磨きをする前に寝てしまったら虫歯になってしまうかも!と不安に感じているかもしれませんが、1日くらいであれば次の日の朝に行えば問題ないので、あまり気にしすぎないようにしましょう。

毎日の歯磨きを習慣化できるように、楽しく取り組んでみましょうね。