毎日の習慣である歯磨きですが、子供は嫌がってしまうことが多いので大変ですよね。

まだ歯磨きがうまくできていないとそのまま吐き出せず飲み込む、うがいをする時にそのまま飲んでしまうことも…

もし子供が歯磨きをしていてそのまま飲み込むことがあったら、すぐに吐き出せたほうがいいのでしょうか?

歯磨きをして間違って飲み込むは大丈夫?

歯磨きをする時にもし吐き出せず飲み込むことがあっても、さほど大きな健康被害はありません。

もし吐き出せず飲んでしまったとしても、吐き出せるのであれば吐き出したほうがいいのですが、子供だとうまく吐き出すことは難しいので、あまり気にしすぎなくても大丈夫です。

しかし、だからといって毎回飲み込むのがいいというわけはなく、歯磨き粉は洗い流すことを前提として作られていることもあり、添加物など体に負担がかかる成分が含まれています。

歯磨き粉も安全性は認められているものではないと市販できないので、歯磨きをしている時に吐き出せず飲み込むからといってすぐに体に異変が起こるわけではないのですが、有害ではあるので、できるだけ飲み込まないように対策するようにしましょう。

歯磨き時の飲み込むを防ぐ対策方法

子供に歯磨きをする時に飲み込むのはダメ!といっても、なかなかすぐには分かってもらえない時もありますよね。

その場合はどのような対策をすればいいのでしょうか?

・歯磨きを使わずに歯磨きをする

歯医者の中にはある程度の年齢になるまで歯磨き粉は使わなくていいといった考えの方もたくさんいます。

ですが、その分丁寧に時間をかけて歯磨きしないといけないので、この意見に関しては賛否両論ではありますが、どうしても飲み込む癖が治らないのであれば、上達するまで歯磨き粉は使用せずに歯磨きさせるのもいいでしょう。

・飲み込むのがOKな歯磨き粉を使用する

子供用の歯磨き粉には飲み込むでも体に影響がないものも販売しているので、どうしても歯磨き時に飲み込むをしてしまうのであれば、飲み込むのも大丈夫なタイプの歯磨き粉を使うのも手でしょう。

間違って子供がたくさん歯磨き粉を飲み込んでしまったら?

歯磨き時に使用する歯磨き粉の量は少ないので、歯磨きをしていて飲み込んでしまってもさほど体に大きな影響はありませんが、歯磨き粉のチューブごとお菓子などと間違えてたくさん飲んでしまった場合は危険です。

吐き出せそうであれば、すぐに吐き出させてすぐに病院へ行ってください。

特にフッ素配合の歯磨き粉は毒性が高いので、子供が元気だったとしても念の為病院に行って診察してもらってくださいね。

最悪の場合は胃の洗浄を行う必要がありますので、すぐに手に届くところに歯磨き粉を置いておかないように注意しましょう。

歯磨きを楽しい時間にしよう

子供のことが心配で歯磨きをしている時に吐き出せずに飲み込むとつい怒ってしまいたくなりますが、ここで怒ってしまうと次第に子供は歯磨きをすることが嫌に感じてしまい、どんどん歯磨き嫌いになってしまいます。

子供が虫歯にならないように気をつけてあげることも大事ですが、あまり細かいことを指摘すぎるなど神経質にならないように気をつけてくださいね。

子供が歯磨きをしている時に飲み込むがあったとしても、少量であればほとんど体に影響はないので安心してください。

あまり何度も細かく言い過ぎると子供が歯磨きをしなくなってしまう可能性も。

どうしても飲み込むのが治らないのであれば、上記でご紹介しました対策法を行っていき、少しずつ子供の成長に合わせてサポートしていきましょう。

歯磨きが親にも子供にも楽しい時間になるように色々工夫してみてくださいね。