何とか子供の歯磨きを終わらせても、子供がうがいしない!と嫌がってしまうこともありますよね。

うがいしないとせっかく歯磨きで落とした汚れや歯石などが口の中に残ってしまいそうですし、やはり無理やりでもうがいをさせたほうがいいのでしょうか?

歯医者さんに子供の歯磨きでうがいしないと虫歯になりやすくなるのか、気になるところを聞いてみました!

うがいしないと虫歯になるのは嘘?

実際に歯医者さんに問い合わせ・ネットでも同じようにうがいしない子供に悩んでいるママの相談に回答している歯医者さんの意見を合わせてみたところ、きちんと歯磨きができていればうがいしないからといって虫歯になるわけではないとのことでした。

歯石がきちんと歯から落ちていれば、唾液によってそのまま飲み込み、胃酸で分解されていくので必ずうがいしないといけないわけではありません。

うがいしないデメリットって?

歯磨きがきちんとできていれば、うがいしないでもさほど歯に影響はないとのことですが、うがいしないデメリットはないのでしょうか?

うがいしないデメリットとしてあげられるのが「すっきり感がなくなる」「落とした歯石がまた歯にくっつく可能性もある」ということです。

まだ小さい子供だとうがいをするすっきり感は分かりにくいかもしれませんが、年齢を重ねるにつれて徐々にうがいしないと気持ち悪いと自然に感じるようになります。

これに関しては歯磨きを続けていけば無理強いしなくても子供も感じていくことなので、あまり気にしすぎないようにしましょう。

また、歯磨きで落とした歯石のほとんどは唾液に飲み込まれてしまうのですが、全て飲み込んでしまう前にまた歯石に戻ってしまう可能性もゼロではありません。

ほとんど大丈夫ではあるのですが、どうしても子供がうがいしないのであれば、うがいではなく、そのまま水を飲んでしまっても問題ないとのことです。

うがいをしたくなるようにするには?

このように子供の歯磨きは絶対にうがいしないといけないわけではないということが分りましたが、うがいができるようになれば風邪・虫歯予防にもなりますし、親としては進んでうがいしてくれるようになってほしいですよね。

ただし、無理にうがいをさせようとすると、ますます子供はうがいしないようになってしまいます。

まずはお風呂で練習する、親と一緒にやってみるなどして、子供のペースに合わせて少しずつ進めていきましょう。

うがいをすることですっきりする、楽しいと感じるようになれば、自然に子供から進んで行うようになるので安心してください。

うがいよりも大事なのは歯磨き

もちろんうがいができるに越したことはありませんが、うがいよりも大事なのはきちんと歯磨きできているかどうかです。

どれだけうがいができていても、うがいだけで歯石や汚れを落とし切ることはできません。

まだ小さい子供の場合は、自分で歯磨きをした後に親がきちんと仕上げ磨きを行うようにしましょう。

うがいよりも歯磨きを嫌がる子供のほうが多いと思いますが、歯磨きをすることが虫歯ケアの1番の近道なので楽しく歯磨きができるように工夫してみてくださいね。

子供が歯磨きをしてもうがいしないと悩んでいるママも多いと思いますが、きちんと歯磨きができていればうがいしないからといって虫歯ができてしまうわけではないので、子供がなかなかうがいをしたがらなくても焦らないことが大事です。

少しずつステップアップしていき、子供が楽しんでうがいができるように心がけましょう。

どんな子供でもいずれはうまくうがいができるようになるので、子供の成長に合わせてうまくサポートしてあげてくださいね。